学校ウエディング 新聞記事

全日本ブライダル協会山梨県支部

 全日本ブライダル協会山梨県支部は、2018年9月12日河口湖北中学校で、9月19日西桂中学校で「学校ウエディング」を開催。模擬挙式などを通じ、学生に結婚式の魅力を発信した。

 少子化に加え、なし婚層の増加が進む昨今。同協会会長でブライダルファッションデザイナーの桂由美氏は、結婚式の減少をかねてから危惧しており、ウエディングに憧れを抱く「未来の花嫁づくり」を提唱してきた。こうした背景から、昨年、山中湖中学校で学校ウエディングを初開催。今年は規模を拡大し、2校で実施した。

 会員企業が中心となった商業体験・見学ブースは、結婚式に必要とされるアイテムなどを展示。グループに分かれ10分間ずつ全ブースを周り、ブライダルの仕事を学ぶ機会となった。ウエディングケーキのコーナーでは、パティシエの指示を仰ぎながら、ケーキのデコレーションに挑戦。ジュエリー会社からは指輪の展示やティアラの試着など、実際にモノに触れられるコンテンツを用意し、桂氏のドレスに使われる生地なども紹介した。

 模擬挙式はシビルウエディングスタイルで開催。司式者は両校ともに学校長が務めた。式の締めくくりにはバルーンリリースも行い、結婚式を体験できる1日のなった。

 「イベント後のアンケートでは、『結婚式は面倒臭いというイメージがあったけれど、絶対にやりたいと思った』、『式を挙げる際は同級生全員を招待したい』など、ポジティブな感想が多く聞かれました。『ブライダル業界は多くの人たちの力で成り立っているのを知れた』という意見もあり、結婚式の魅力喚起はもちろん、業界の素晴らしさを伝える機会になりました。」

(​山梨県支部事務局長・今村倫実氏)

copyright 全日本ブライダル協会 山梨県支部 All Rights Reserved

  • 全日本ブライダル協会山梨県支部
  • 全日本ブライダル協会山梨県支部
  • Instagram